長野を満喫!長野県の歴史を楽しむ、長野県のおススメ観光地特集

長野県の美しい自然風景、豊富な温泉、郷土の味覚を堪能しよう!

長野県の歴史が楽しめる観光地一覧

野尻湖ナウマンゾウ博物館

長野県野沢・飯山・黒姫エリアの観光地

40年以上続けている「野尻湖湖底発掘」で発掘された約8万点の資料を収蔵し、代表的な化石や石器を展示している。
入口を入ると復元された実物大のナウマンゾウやオオツノジカが来館者を出迎えてくれる。
「野尻湖友の会」に入会することで発掘に参加することもできる。また石器作りなどの体験会も開催する。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

小林一茶旧宅

小林一茶旧宅

長野県野沢・飯山・黒姫エリアの観光地

一茶が晩年を過ごした土蔵。間口3間半(6.2m)、奥行2間2尺(4.2m)の茅葺屋根の素朴な造りが往時を偲ばせる。近くにある明専寺は一茶の菩提寺で、毎年11月19日の一茶忌には法要が行われる。
一茶の墓がある小丸山公園には俳諧寺や、彼が生涯に残した多くの俳句や日記を集めた一茶記念館がある。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

上田城

上田城

長野県菅平・上田・別所・鹿教湯エリアの観光地

天正11年(1583年)真田昌幸が築城した平城。
徳川の軍勢を二度撃退した名城として知られています。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

生島足島神社

生島足島神社

長野県菅平・上田・別所・鹿教湯エリアの観光地

生島神、足島神の二神を祭る。ご神体は大地です。
武田信玄が部下の武将たちに忠誠を誓った“起請文”八十三通、計九十四通の古文書が残され、国の重要文化財に指定されています。歌舞伎舞台(回り舞台)もあり下の構造も見学できます。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

信濃国分寺

信濃国分寺

長野県菅平・上田・別所・鹿教湯エリアの観光地

奈良時代に建立された信濃国分寺。承平の乱で焼失したといわれ、室町時代に今の場所へ再建され、境内にある三重塔は、現存する国分寺の塔の中で最も古く、国の重要文化財に指定されています。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

(旧)三笠ホテル

(旧)三笠ホテル

長野県軽井沢・佐久・小諸エリアの観光地

設計から施工まで日本人の手による明治後期の純西洋風の木造ホテル。
昭和55年5月、国の重要文化財に指定された。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

重要文化財国史跡旧中込学校

重要文化財国史跡旧中込学校

長野県軽井沢・佐久・小諸エリアの観光地

ステンドグラスの窓がモダンな洋風の建物は木造2階建て。
中央の3階にあたる望楼には太鼓があり、これで時を告げたことから「太鼓楼」と呼ばれています。また天井には世界各地の方角が示されています。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

布引観音

布引観音

長野県軽井沢・佐久・小諸エリアの観光地

「牛にひかれて善光寺」の伝説の舞台となった寺断崖絶壁にかかる観音堂に安置されているのが、
牛に化身して、強欲な老婆を善光寺に連れていき改心させたという布引観音様です。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

仁科神明宮

仁科神明宮

長野県白馬・大町・安曇野エリアの観光地

社殿は現存するもっと古い神明造りで、国宝に指定されています。
神明造りは伊勢神宮に伝わる形式で、伊勢神宮に関係する地のみに建てられ、ここはその最古の例です。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

善光寺

善光寺

長野県長野・戸隠・上山田・戸倉エリアの観光地

創建約1400年の善光寺はお参りすれば善人悪人、老若男女、宗派を問わず極楽浄土へいけるといわれ、数多くの参拝客が訪れる。
ご本尊は秘仏だが、7年に一度分身の前立本尊を空扉する「御開帳」が行われる。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

松代象山地下壕

松代象山地下壕

長野県長野・戸隠・上山田・戸倉エリアの観光地

第二次世界大戦末期に軍部が大本営や政府各省の移転計画として作った地下壕の跡。
着工は昭和19年11月11日午前11時。翌20年8月15日の終戦まで、約9ヶ月の間に当時の金で約2億円の巨費と、およそ述べ300万人が従事した。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

戸隠神社

戸隠神社

長野県長野・戸隠・上山田・戸倉エリアの観光地

戸隠神社は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・日之御子社の五社からなり、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を持っています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られました、戦国時代は争いに巻き込まれ衰退してしまいましたが、明治になると山中は門前町として整備され、講(戸隠講)も生まれ広く信仰を集めましたが、徹底的な廃仏毀釈の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社となりました。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

松代象山地下壕

科野の里歴史公園

長野県長野・戸隠・上山田・戸倉エリアの観光地

「森将軍塚古墳館」と「長野県立歴史館」があり、森将軍塚古墳竪穴式石室の実物大のレプリカと副葬品や埴輪などの出土品を展示してある。映像で古墳の構造や歴史が学べます。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

荒砥城

荒砥城

長野県長野・戸隠・上山田・戸倉エリアの観光地

平安時代からのこの地の豪族、山田氏が大永四(1524)年に築城したと伝わる。別名山田城。現在主郭には館、兵舎、二の郭には櫓、兵舎、その他に門、石垣などが復元されており、二の郭兵舎は映像、展示室になっていて、荒砥城の歴史、周辺の観光などが案内されている。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

国宝松本城

国宝松本城

長野県松本・上高地・乗鞍・白骨・浅間エリアの観光地

築城約400年、現存する五層天守閣では日本最古。
北アルプスの白に映える黒漆の外観は、松本のシンボルともいえる。平成11年3月には二の丸御殿跡の南側に、待望の太鼓門が復元された。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

重要文化財旧開智小学校

重要文化財旧開智小学校

長野県松本・上高地・乗鞍・白骨・浅間エリアの観光地

明治9年に建築さてた日本最古の洋風学校建築の一つ。
望楼風の八角塔や異国情緒豊かなステンドグラス、柱などが見学できる。明治からの教材なども展示され、文明開化のロマンが堪能できる。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

重要文化財馬場家住宅

重要文化財馬場家住宅

長野県松本・上高地・乗鞍・白骨・浅間エリアの観光地

江戸時代末期の主だった建造物がそろって残る。
土着武士由来の豪農の屋敷。民家建築である本棟造りの母屋のほか、見事な坪庭などそのすべてが重要文化財の指定を受ける。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

日本浮世絵博物館

日本浮世絵博物館

長野県松本・上高地・乗鞍・白骨・浅間エリアの観光地

松本出身の酒井家が5代200年にわたって収集した世界的に評価の高い「酒井コレクション」。
常時150~200点の浮世絵の名品が展示されている。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

奈良井宿

奈良井宿

長野県木曽路エリアの観光地

かつて中山道の宿場町として栄えた奈良井宿。今なお当時の面影を残している。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

木曽漆器

木曽漆器

長野県木曽路エリアの観光地

600余年の伝統をもつ木曽漆器。
特に平沢の町は漆器屋がずらりと軒をつらね、その匠の技は長野冬季五輪のメダルにも採用された。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

元善光寺

元善光寺

長野県伊那・駒ケ根・飯田・昼神エリアの観光地

善光寺を開いた本多善公の出生地であり、ご本尊が最初にあったことから「元善光寺」とよばれております。
長野市の善光寺と飯田の元善光寺の両方にお詣りをしないと片詣りと言われています。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

天竜ライン下り

大鹿歌舞伎(下伊那郡大鹿村)

長野県伊那・駒ケ根・飯田・昼神エリアの観光地

江戸時代中頃から各集落の神社の前宮として舞台で演じられてきた。
農村歌舞伎として村人の心の拠り所であり、伝統芸能としても高い評価を得ている。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

天竜ライン下り

信濃比叡伝教大師

長野県伊那・駒ケ根・飯田・昼神エリアの観光地

はるか万葉の時代から園原の里は東西を結ぶ東山道最大の難所であった。
天台宗の開祖最澄(伝教大師)が苦難を見かね、旅人を救済する広拯院を建立した。
それによりこの地に信濃比叡の呼称が許された。

長野県周辺宿泊施設はこちら 長野県周辺観光施設はこちら

  • このページのトップへ
  • 長野県特集トップページへ

写真提供:信州・長野県観光協会