≪施設予約サービス 参画規約≫

第1条(参画規約)
1. 本参画規約は、長野県ホテル旅館生活衛生同業組合(以下「長野県旅連」という)が「長野県ホテル旅館情報サイト」のサービスとして提供する「施設予約サービス」に参画する施設(以下「参画施設」という)が、サービスの利用にあたり、長野県旅連と参画施設との関係に適用されるものとします。
2. 参画施設は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。 参画施設が、本サービスをご利用される場合、本規約に同意されたものとみなされますので、本規約を注意深くお読みください。本規約は、「長野県ホテル旅館情報サイト」利用規約の一部を構成します。本規約に規定のない事項については、「長野県ホテル旅館情報サイト」利用規約ならびに同サイトの諸規約、ポリシー、ガイドラインおよび手続き等が適用されます。

第2条(施設利用予約システムおよび電話予約センター)
1. 「施設利用予約システム」とは、参画施設が、長野県旅連の管理、運営するインターネットウェブサイト「長野県ホテル旅館情報サイト」(以下パソコン版、携帯版を総称し、「長野県ホテル旅館情報サイト」という)上に、インターネットを通じて予約可能な施設の客室等の情報(以下「施設情報」という)を掲載し、長野県ホテル旅館情報サイトの会員(以下「会員」という)長野県ホテル旅館情報サイトが提供する「施設利用予約サービス」の利用者(以下会員と利用者を総称して「ユーザー」という)から当該施設の利用予約を受け付けることを可能にするシステムをいいます。
2. 「電話予約センター」とは、長野県旅連が前項のシステムの利用を電話で受け付け、施設利用予約システムへの登録を代行するサービスを業として行う組織をいいます。

第3条(施設利用予約システムの利用申し込み)
参画施設は、施設利用予約システム利用にかかる申し込みを行う場合には、本規約、長野県ホテル旅館情報サイトユーザー規約および施設利用予約システムの仕組みを理解、承諾のうえ、長野県旅連所定の方法により申し込むものとします。

第4条(契約の成立)
前条の宿泊施設による施設利用予約システム利用にかかる申し込みがなされ、長野県旅連が長野県旅連の参画基準に基づく審査により、適格と判断した場合において、長野県旅連による承諾の意思表示が参画施設に到達したときをもって、長野県旅連と参画施設の間に本契約が成立するものとします。

第5条(責任と役割分担)
1. 長野県旅連は、施設利用予約システムを通じて、ユーザーに対し、施設情報を提供するものとし、ユーザーまたは電話予約センターのオペレーターが予約登録を行った場合には、参画施設に対し、当該登録内容を通知するものとします。
2. 参画施設は、本規約に基づいて長野県旅連が提供するサービスを利用するために必要なハードウェアおよびネットワーク等の設備を、自己の責任と負担により調達しなければなりません。
3. 参画施設は、施設利用予約システムを通じて予約を行ったユーザー(以下「予約者」という)に対し、施設利用サービスおよびこれに付帯するサービス(以下単に「施設利用サービス」という)をその責任において提供するものとし、長野県旅連はこれに一切関与致しません。
4. 参画施設は、前項の規定に基づき予約者に提供される施設利用サービスが、予約時において予約者に提供されている施設情報と同一であることを保証します。万一、当該施設情報と同内容の施設利用サービスを予約者に提供することができない場合、参画施設は、当該施設情報と同程度であると長野県旅連が合理的に判断できる内容の施設利用サービス(以下「代替サービス」という)を予約者に提供しなければなりません。代替サービスが提供されなかった場合、長野県旅連は、本契約の解除(施設利用予約システムに登録された宿泊施設の施設等に関する情報および宿泊施設が別途長野県旅連に提供した宿泊プラン等の情報(施設情報に限らず以下「施設情報」という)の全部または一部の掲載保留や、参画施設による施設利用予約システムの一定期間の利用保留を含む)をすることができます。

第6条(参画施設の基本的遵守事項等)
1. 参画施設は、旅館業法等関連法令その他の諸規則等を遵守のうえ、予約者に対し施設利用サービスを提供するものとします。
2. 参画施設は、予約者に対し、施設利用の他の一般顧客に比べ不利な扱いをする等、長野県旅連の信用を損なう行為をしないものとします。
3. 参画施設は、施設利用サービスにつき、予約者からの苦情(施設に関する苦情を含む)等を受けた場合には、当該苦情等につき誠実に対応、回答するものとします。なお、長野県旅連を通じて予約者の苦情等の報告を受けた場合も同様とします。
4. 参画施設は、第8条4項に定める客室確保義務の不履行等により、参画施設が施設利用サービスを提供できない場合には、一切自己の責任と負担において、予約者に対し誠実かつ妥当な対応を行い、施設利用サービス提供の不履行にかかる紛争等の解決を図るものとし、長野県旅連を予約者との紛争等から一切免責するものとします。なお、本項の規定は、長野県旅連が必要と認めた場合、長野県旅連が参画施設に代わって予約者に対応することを妨げるものではありません。長野県旅連が参画施設に代わって対応を行った場合、長野県旅連は対応に要した費用を参画施設に請求することができるものとします。
5. 前項の客室確保義務の不履行が生じた場合には、参画施設は、遅滞なくその旨を長野県旅連に通知するものとします。
6. 万一、天災地変等やむを得ない事由により、参画施設が施設利用サービスを提供できない場合には、自己の責任において、直ちに予約者に対して施設利用サービスの履行が不可能である旨を通知したうえで、長野県旅連に対しても同様の通知をするものとします。
7. 天災地変、およびそれに伴う公共交通機関等の運行停止等により、予約者において予約内容に従った施設利用サービスの利用が著しく困難または不可能となり、現実に予約内容に従った施設利用サービスの利用が行われなかった場合、参画施設は、施設利用サービスの不提供について、予約者に対し、違約金、キャンセル料等の名目の如何を問わず金員の支払いを請求しないこととします。
8. 参画施設が宿泊契約の解除に際し、キャンセル料、取り消し手数料等の一定の金銭の支払い義務を予約者に課している場合、予約者に対する請求は参画施設の費用と責任においてこれを行うこととします。

第7条(禁止事項)
参画施設は、施設利用予約システムの利用に関し、次の行為をしてはならないものとします。
1) 長野県旅連に虚偽の事項を届け出る行為
2) 法令の定めに違反する場合
3) 犯罪に結びつく行為およびその可能性のある行為
4) 公序良俗に反する行為
5) ユーザーの判断に錯誤を与えるおそれのある行為
6) 長野県旅連、他の参画施設または第三者に対して、財産権(知的財産権を含みます)の侵害、プライバシーの侵害、誹謗中傷その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
7) 施設利用予約システムを経由せずに客室予約をさせる行為またはそのおそれのある行為
8) 長野県ホテル旅館情報サイト以外の宿泊予約サービスを宣伝する行為
9) 長野県旅連と同種または類似のサービスを提供する行為
10) 長野県旅連のサービス業務(施設利用予約システムを含みますがこれに限りません)の運営、維持を妨げる行為
11) 施設利用予約システムに関し利用しうる情報を改竄する行為
12) 有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込む行為
13) 施設利用予約システムの仕様を長野県旅連の同業他社等第三者に漏洩する行為
14) 将来に亘ってそのサービスの提供がなされていないプラン内容を登録する行為
15) その他長野県旅連が別途定める禁止行為

第8条(施設情報と客室情報の入力)
1. 参画施設は、施設情報に変更が生じた場合には、変更内容の登録を行わなければなりません。
2. 参画施設は、客室情報を、適宜施設利用予約システムに登録しなければなりません。
3. 参画施設は、前項に基づき登録した客室情報に変更が生じた場合には、登録内容の変更を直ちに行い、常に最新の情報を提供しなければなりません。
4. 参画施設は、登録した客室について、その予約状況を厳格に管理し、施設利用予約システムを通じてのみ予約可能となるよう、自己の責任において当該客室を予約者のために確保しなければなりません(以下「客室確保義務」といいます)。

第9条(予約の申し込み・キャンセルの通知)
1. 参画施設は、定期的に施設利用予約システムにアクセスし、予約の申し込み、変更およびキャンセルの内容の通知(以下「予約情報」といいます)の有無を確認しなければなりません。
2. 長野県旅連は、施設利用予約システムを通じて、ユーザーまたは予約者から予約情報を受領した場合には、当該予約情報を、受領時より24時間以内に参画施設へ通知するものとします。当該通知が到達して以降、参画施設は、当該予約情報に基づく予約の申し込みまたは予約キャンセルを取り消すことはできないものとします。
3. 前項のユーザーからの予約申し込みに対して、施設利用予約システムからユーザーに対し予約番号を明示した予約確認の通知がなされた時点をもって、宿泊施設とユーザーの間の宿泊契約が成立するものとします。
4. 参画施設は、予約者が施設利用予約システム上にて予約に関する変更登録を行わずに、直接宿泊施設に対して、予約に関する変更の通知を行った場合には、自己の責任により施設利用予約システムへの変更入力をするとともに、長野県旅連に対して当該予約者にかかる予約の変更内容の通知を行うものとします。

第10条(無断キャンセル)
1. 長野県旅連は、予約者が、事前に何らの連絡なく宿泊予定日当日に姿を現さず、当該参画施設を利用しなかった場合(以下「無断キャンセル」といいます)には、当該予約者に対し長野県旅連の定める規則に従い適切な措置を取るものとします。なお、参画施設が宿泊契約の締結に際し、予約金の支払い義務を予約者に課している場合において、予約者に対する電子メール等により支払いの催告を行ったにもかかわらず支払いがなされない場合には、参画施設は、無断キャンセルと判断し、当該予約者との宿泊契約を解除することができるものとします。この場合、参画施設は、直ちに施設利用予約システムに当該解除事実を反映させるとともに、長野県旅連にその旨通知するものとします。
2. 長野県旅連は、参画施設に対し、無断キャンセルによって発生した損害の賠償等は行わないものとし、参画施設が予約者に対し当該損害の賠償等を請求する場合は、自己の費用と負担においてこれを行うものとします。

第11条(施設利用予約システム利用料)
1. 参画施設は、予約者が宿泊契約に基づき宿泊施設を利用した場合、利用が終了した時点をもって、施設利用予約システム内において表示された施設利用料金(サービス料を含み、消費税、入湯税を控除した額)の6%(宿泊施設の現実の売り上げ、収益等とは無関係に適用されます。従って、宿泊施設が、何らかの事情により、施設利用予約システムに表示された宿泊施設利用者の一部について、利用料金を徴収していない場合であっても、「施設利用予約システムに表示された利用料金」が基準とされます。)を施設利用予約システム利用料として(消費税は別途負担)、長野県旅連に支払うものとします。但し、当該予約が取り消された場合および無断キャンセルの場合については、この限りではありません。
2. 長野県旅連は、予約者実績を施設利用予約システム上に提示するものとし、宿泊施設は、毎月10日(10日が休日にあたる場合には、その前の直近の営業日)迄に前月度予約者実績の確認を完了するものとします。

第12条(支払い方法)
1. 長野県旅連は、原則として、毎月10日までに、前月度の予約者実績に基づいて、施設利用予約システム利用料にかかる請求書を参画施設の指定する請求先に送付するものとします。
2. 前項に定める請求書を受領した場合、参画施設は、当該請求書に記載された支払期日までに長野県旅連の指定する金融機関の口座に振り込みにて施設利用予約システム利用料を支払うものとします。なお、振込手数料は、宿泊施設の負担とします。
3. 本条第1項の規定にかかわらず、施設利用予約システム利用料の合計金額が金3,000円に満たない場合、乙は甲に対し請求書の発行を行なわないものとします。但し、四半期毎の期間をもって金3,000円に満たない場合は前項の定めを優先するものとします。

第13条(長野県ホテル旅館情報サイトポイントプログラム)
1. 参画施設のうち、別途長野県旅連と契約した参画施設は、会員から施設利用予約システムを通じて予約がなされた場合には、本規約の他別途定める「長野県ホテル旅館情報サイトポイント規約」に従い、施設利用サービスを提供するものとします。
2. 予約者が長野県旅連より付与されたポイントを利用し参画施設の利用予約を行なった場合、予約者が宿泊契約に基づき宿泊施設を利用した月の翌々月末までに長野県旅連は当該ポイント利用にかかる宿泊費用相当額を参画施設に支払うものとします。
3. 本条に定める「長野県ホテル旅館情報サイトポイントプログラム」を提供するにあたり、参画施設は長野県旅連に対し、施設利用予約システム内において表示された施設利用料金(サービス料を含み、消費税、入湯税を控除した額)の1%を参画手数料として支払うものとします。

第14条(機密保持)
1. 参画施設は、長野県旅連の事前の承諾なく、予約情報(変更後の予約情報を含みます)および本契約に関して長野県旅連より秘密である旨の表示がなされたうえで開示された情報(以下、予約情報と併せて「機密情報」といいます)を、機密として保持すると共にそのための合理的な措置を講じ、第三者に開示および漏洩しないものとします。但し、以下の各号の情報は、「機密情報」に該当しないものとします。
1) 長野県旅連から開示された時点で、公知である情報
2) 長野県旅連から開示された後、参画施設の責によらず公知となった情報
3) 第三者から、機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
4) 長野県旅連から開示された情報によることなく独自に開発した情報
2. 参画施設は、長野県旅連から要求があった場合、直ちにすべての機密情報を長野県旅連に返却し、または長野県旅連の指示に従い、機密漏洩に十分に配慮した方法で廃棄します。また、情報開示目的が消滅した場合も同様とします。
3. 参画施設は、機密情報が漏洩または紛失したことが発覚した場合、直ちに長野県旅連に通知し、その後の対処について協議することとします。

第15条(個人情報)
1. 個人情報とは、施設利用予約システムにかかるサービスに付随してユーザーから開示された情報で、個人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等個人を特定しうる一切の情報をいいます。
2. 参画施設は、施設利用予約システムを通じて入手した個人情報を適切に扱い、以下の行為をしてはなりません。
1) 第三者に開示または漏洩すること
2) 個人情報を開示した本人の同意を得ることなく、宿泊契約に基づく宿泊サービス提供および宿泊サービスの向上などの目的を超えて、複写、紙媒体への出力、電子記録(ハードディスク、CD等)媒体への格納、ダイレクトメールの作成、発送および個人情報を利用した記録、資料等の作成を行うこと
3) 破壊または改竄すること
4) 第三者に対して自己のために営利活動を行うこと
3. 参画施設は、個人情報への不当なアクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の危険に対して、最善の安全対策を講じなければならないものとします。
4. 長野県旅連が、施設利用予約システムを通じて入手した個人情報は、長野県ホテル旅館情報サイトの運営のためならびに、本規約ならびに本規約に付随する業務の遂行のため、または関連するアフターサービス、新商品・サービスに関する情報のお知らせのために利用いたします。
5. 長野県旅連および参画施設は、自己が個人情報の保護に関する法律上の個人情報取り扱い事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取り扱い事業者としての義務その他関連法令・諸規則等を遵守するものとします。
6. 個人情報に関する機密保持義務は、本契約終了後も期間の定めなく有効に存続するものとします。

第16条(契約解除)
1. 長野県旅連および宿泊施設は、理由の如何を問わず、本契約期間中何時においても、1ヶ月の予告期間をもって相手方に書面で通知することにより、本契約を解除することができます。
2. 前項にかかわらず、参画施設が次の各号の一に該当する場合、長野県旅連は、即時に、当該参画施設による施設利用予約システムおよびIDの使用を停止し、施設情報を削除し、または本契約を解除することができます。
1) 本規約の規定に違反し是正を求めたにもかかわらず是正しないとき、または是正できないことが明らかなとき
2) 長野県旅連の信用を傷つけたとき
3) 差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
4) 手形・小切手の不渡り処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
5) 営業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
6) 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
7) 財産状況に重大な不安が生じたとき
8) 営業を廃止したとき、または清算にはいったとき
9) 長野県旅連に不利益をもたらしたとき、または不利益をもたらすおそれがある行為をしたとき
10) 長野県旅連との間でトラブルや紛争が発生して、長野県旅連との間の信頼関係が破壊されたまたはそのおそれがあると、長野県旅連が合理的に判断したとき
11) その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
3. 長野県旅連が、予約者等からの苦情または参画施設による施設利用サービスにかかるトラブル等(参画施設の責に帰すべき事由による客室確保義務の不履行によるものを含みますが、これに限りません)から、当該参画施設による施設利用予約システムの利用が、施設利用予約システムの信用等に影響を及ぼす可能性があると合理的に判断した場合、長野県旅連は、いつでも、当該参画施設による施設利用予約システムおよびIDの使用を停止し、施設情報を削除し、または本契約を解除することができます。
4. 参画施設は、長野県旅連が前項の規定に基づいて施設利用予約システムの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した根拠を、予約者およびユーザーに対して開示することを承諾し、当該開示に対して、何らの異議を申し立てないものとします。
5. 本契約終了日において、参画施設と予約者の間で宿泊サービスが提供されていない宿泊契約が存在している場合、参画施設は、自己の責任において、施設利用サービスを提供するものとします。
6. 本契約の終了原因を問わず、参画施設は、本契約終了日以降IDを使用することができず、本契約終了日までに施設情報を削除しなければなりません。なお、参画施設が自ら施設情報を削除しない場合、長野県旅連はいつでも施設情報を削除することができます。

第17条(使用許諾)
1. 施設利用予約システムに関する著作権その他の知的財産権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます)はすべて長野県旅連に帰属します。但し、長野県旅連は、施設利用予約システムまたはこの利用が第三者の権利を侵害しないことを保証するものではありません。
2. 長野県旅連は、施設利用予約システムについて、長野県旅連の裁量により自由にその仕様、機能等を変更することができます。
3. 参画施設は、施設利用予約システムまたはこれに関連するファイルもしくは資料を、改造、改変または複製してはなりません。

第18条(参画施設利用促進のための利用許諾)
1. 参画施設は、本契約期間中、長野県旅連が、宿泊施設の利用促進および情報提供の多元化等を目的として、長野県ホテル旅館情報サイトならびに関連する媒体等において、宿情報を利用することを、長野県旅連に対して予め許諾します。
2. 参画施設は、長野県旅連の関連会社(資本関係を問わず、業務提携先等も含みます)による宿情報の利用、および、宿情報を利用して、関連会社が手配予約を行うことについても予め許諾すると共に、関連会社に対し本契約と同様の義務を負うことを予め同意します。但し、関連会社の手配予約については、同社の裁量により手配対象とならない宿情報があります。
3. 前2項の施設情報の利用許諾は、すべての施設宿情報を、関連する媒体等で利用することおよび関連会社が利用することを意味しません。

第19条(施設利用予約システムの一時的な停止)
長野県旅連は、次の各号に該当する場合には、宿泊施設へ事前に通知することなく、施設利用予約システムの一時的な運営の停止を行うことがあります。
1) 施設利用予約システムの保守または仕様の変更を行う場合
2) 天災地変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、施設利用予約システムの運営ができなくなった場合
3) 長野県旅連が、やむを得ない事由により施設利用予約システムの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

第20条(免責事項)
1. 施設利用予約システムの利用を通じて締結される宿泊契約は、参画施設と予約者との間において直接締結されるものであり、宿泊サービスの提供に関しては、すべて参画施設と予約者間で決定されるものとし、これに関係する予約者およびその他の第三者に対する一切の責任は、参画施設が負うものとします。
2. 長野県旅連は、天災地変その他不可抗力、回線の輻輳、機器の障害または前条の規定に基づく施設利用予約システムの停止等による客室情報の消去、提供の遅延、誤送および商機の損失等につき一切責任を負わないものとし、参画施設は、これらの事情を理由として、施設利用予約システム利用料の返還、損害の賠償等を長野県旅連に請求しないこととします。
3. 長野県旅連は、参画施設に対し、参画施設に対する送客および予約について、何らの保証も行わないものとします。
4. 長野県旅連は、予約者が提供する情報の真偽・正確性等、その他予約者につき何らの保証も行わないものします。また、当該情報に基づいて参画施設が被った損害等一切責任を負わないものとします。
5. 長野県旅連は、参画施設につき生じた損害について、長野県旅連の責に帰すべき明白な事由がある場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。

第21条(規約の変更)
1. 長野県旅連は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容、条件等(以下「変更条件」という)の適用開始日の1ヶ月前までに、参画施設に対して施設利用予約システム画面上での表示もしくは書面により変更条件を通知(以下「変更通知」という)するものとします。なお、参画施設が、変更条件の適用開始後に施設利用予約システムを利用した場合、長野県旅連は、宿泊施設が変更条件を承諾したものとみなします。
2. 参画施設は、変更通知を受領し、変更条件を承諾しない場合には、通知日(長野県旅連が宿泊施設に対し変更通知を発送または発信した日)より10日以内に、書面にて長野県旅連に対して異議申し立てをするものとします。
3. 前項の規定により宿泊施設より異議申し立てがあった場合には、当該変更条件適用開始日の前日をもって、当該宿泊施設との間の本契約は終了するものとします。

第22条(権利義務譲渡の禁止)
1. 参画施設は、本契約上の地位および当該地位に基づく一切の権利義務を、長野県旅連の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡し、または担保に供してはならないものとします。
2. 長野県旅連は、実質的に長野県旅連の事業の全部または一部を関係各社その他の者に承継させることに伴い、本契約を承継させることができます。

第23条(合意管轄)
本契約に関して生じる一切の紛争については、長野地方裁判所または長野簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第24条(条項の独立性)
本規約の条項の一部の効力が、裁判等により否定された場合であっても、本約款の他の条項の効力には何らの影響を及ぼしません。

第25条(誠実協議)
本規約に定めのない事項または本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合、長野県旅連と参画施設は、誠意をもって協議し解決するものとします。

 

付則

2008年 1月 1日 制定